【序盤攻略】ハイスクール・フリート 艦隊バトルでピンチ!【3週間でSクラス】

スポンサーリンク

   2019/09/13

先に私のハイスクール・フリート 艦隊バトルでピンチ!における成績を貼っておきます。

20日目プレイヤー情報

この成績は8月中旬からプレイし約3週間経った時点のものです。
勝率がすごいことになっていますが、必要なカードさえ揃えば誰でもこれに近い成績を出せるでしょう。

私のこの3週間を振り返りつつ序盤に何をすればいいのか記したいと思います。
あくまでも私個人の意見ですので参考程度に捉えていただければ幸いです。

序盤にすること

マーメイドジュエル集め

まずはキャラを集めなくてはなりません。

その際に必要なのがガチャを廻すために必要なマーメイドジュエル。
これを集める作業から始めましょう。

マーメイドジュエルは

メニュー→バトル→ストーリーのメインストーリーやキャラクター日誌等ですばやく集めることができます。

ポチポチして全制覇を目指しましょう。

マーメイドジュエルの価値

マーメイドジュエル1個の価値は購入画面を見てみると1.6円~1.10円。

11連ガチャに必要なジュエルが2500個なのでキャラ1枚当たり227個のジュエルが必要。

これを円に換算するとキャラ1枚当たり363円~250円かかることになります。

ジュエルは貴重なものなので使いどころを間違えないように。

ガチャを引くタイミング

まだ3週間しかやってないのでなんとも言えませんが、ガチャは時期によって内容が変わります。

一番効率良いのがステップアップガチャではないでしょうか。

最初の11連ガチャは半額。5回目、8回目のガチャは★5確定となります。

このガチャを廻すためにマーメイドジュエルは控えめに使いたいところです。

3点セットは揃えたい

私はこの3週間ほとんど艦長を変えていません。
それほど艦長の選別が大事ということでもあります。

このゲームは艦長にしか使えない艦長スキルが勝敗を左右するからです。

3週間この勝率で進めた要因は、序盤でこの3枚が手に入ったことが大きかったです。

①突撃・速攻スキル持ち

このゲームで一番拠点にダメージを与えやすいのが突撃持ちのキャラで速攻スキルを使うことです。

はっきり言ってこのキャラ以外でどうやって拠点のダメージを削るのか、私にはビジョンが見えないくらい。

該当キャラは
★5だと
【格ゲーなら負けない】高橋千華
【短距離走王者決定戦】知床鈴
【おばけなんてウソさ】駿河留奈

スキルを使うことで突撃になる
【弦楽器は得意】万里小路楓
【ほうっておけない】黒木洋美

★4だと
【憧れの宗谷さん】黒木洋美

この6枚のうち1枚はほしいところ。

序盤私は突撃キャラがいなく、速攻スキル持ちの★4知床鈴で頑張っていましたが、突撃持ちの高橋千華が来てからは拠点攻めが楽になりました。

②榴弾砲撃スキル持ち

必然相手も速攻持ちが多く、こちらも対処せねばなりません。

その際有効なのが榴弾砲撃スキルです。

相手の動きを止めつつダメージも与えます。
このスキルのいいところは相手の大型艦も止められる点です。

該当キャラは★5
【将棋とチェス】ヴィルヘルミーナ
【シュペーの艦長】テア

と2枚しかない貴重なスキル。

止めるだけなら代用スキルもありますが、ダメージを与えかつ、相手のスキルを止めることができるのも魅力です。

③主砲発射持ち

いざという時の一撃を放つスキルです。巡洋艦でも大抵は一発で仕留められます。
どうしてもという時や、余裕が出来たらひたすら駆除と非常に強いスキルです。

該当キャラは★5の
【ハヤシライス派】知名もえか
【私の幸運グッズ】宗谷ましろ

こちらも2枚しかない貴重なスキルです。

リセマラするなら

私の戦闘スタイルは攻1、防4。
とにかく速攻スキルを開幕1発入れて他4枚で拠点を守りつつ、コストに余裕が出来たら速攻スキルをぶちこむ。

これだけでここまで来ました。
防御の4枚は上記の②、③以外でも代用ができますが、攻撃の①だけは代用がありません。

ですので①、特に突撃と速攻スキルをを持つ【格ゲーなら負けない】高橋千華、【短距離走王者決定戦】知床鈴、【おばけなんてウソさ】駿河留奈、【憧れの宗谷さん】黒木洋美のどれかを手に入れたいですね。

設定も大事

対人戦のイージーミスを減らすためにやれることはやっておきましょう。

メニューから設定→オプション→バトル

演出画質設定を軽量
カメラ自動ズームインをOFF
バトル吹き出し表示は非表示

ラグを少しでも軽減するために軽量に。
カメラはOFFにして常に戦場全体が見えるように。
吹き出し設定も非表示にしてタップミスがないように。

もちろんはいふりの世界を楽しむだけなら吹き出しはONのままのほうが良いでしょう。

後半は編成と戦略について簡単に説明したいと思います。






画像は株式会社アニプレックス及び、AAS/海上安全整備局より利用させて頂いております。
著作権は権利者様側へ帰属しておりますので画像の転載・流用はご遠慮下さい。
また、権利者様側からの画像等の削除の依頼や警告は速やかに対処いたします。

© Aniplex Inc
© AAS/海上安全整備局

この記事が『面白かった』『ためになった』と言う方は是非ポチッをお願い致します。筆者が泣いて喜びます(笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket