キーワードプランナーの使い方②(基礎Ⅱ)

スポンサーリンク

   2015/12/25

前回のキーワードプランナーの使い方では項目について解説しました。
今回はデータのダウンロードについてでございます。

キーワードプランナーではデータをcsv形式でダウンロードすることが可能なのです。

実際にやってみましょう。

①ダウンロードボタンを押す

キーワードプランナーcsvデータ1

②ダウンロード詳細

キーワードプランナーcsvデータ2

「統計情報を月別に分割表示」にチェックを入れると月別の検索数もデータに反映されます。
チェックを入れないと月平均しか反映されません。

ファイル形式はそのままで、ダウンロード先も基本そのままかと思います。
ダウンロードの準備ができたらポップアップが出ますので「ファイルを保存」を押しましょう。

③データを開いてみましょう(月別表示なし)

キーワードプランナーcsvデータ3

主に使うデータはこれだけでしょう。

 ・Keyword・・・キーワードです。うどんに関する関連性の高いキーワードもあります。(蕎麦とか)
 ・Avg. Monthly Searches (exact match only)・・・月平均の検索数です。単純に12倍にすると年間検索数になります。
 ・Competition・・・グーグルアドワーズの競合性です。0~1で表され、1に近いほど広告主が多く競合性が高いとされます。
 ・Suggested bid・・・推奨入札単価。1クリック単価をこの数値にすればアドワーズ広告として掲載がされやすくなるという目安です。

④データを開いてみましょう(月別表示あり)

キーワードプランナーcsvデータ4

基本一緒です。
月別表示が増えただけですね。過去1年間なのでデータを出したのが2015年12月初旬時点ですので、2014年の11月~2015年10月の月別検索数が表示されています。

⑤ソートをかけてみよう

キーワードプランナーcsvデータ5

落としたcsvファイルを開いてソートをかけてみましょう。マウスで一度、最初の行の、文字が入っているどの列でもいいのでクリックします。そしてデータ⇒フィルタ⇒オートフィルタを選択します。

すると下画像のように逆三角形がでると思います。それを押すと降順、昇順の並び替えができソートをすることができるようになります。

キーワードプランナーcsvデータ6

キーワードプランナーではデータのダウンロードも無料でできますので、ガンガン活用していきましょう。

この記事が『面白かった』『ためになった』と言う方は是非ポチッをお願い致します。筆者が泣いて喜びます(笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket