【43日目の現状と攻略】ガールズ X バトル2

スポンサーリンク

   2019/11/06

放置系ゲームのガールズ X バトル2。

このゲームを取り扱っているサイトが少ないので、解説などを日記帳風味に書いております。

今回は無課金43日目の現状、気づいたことについて述べていきます。

あくまでも私個人の意見ですので参考程度に捉えていただければ幸いです。

43日目のレベル


レベル

レベルは94。

正直これが無課金では早いほうなのか比較できるものがないので評価しにくい。

VIPレベルは0。

無課金がどんなに戦姫を育てようが、レベルをあげようが、ゴールドを貯めようが、ダイヤを貯めようが、現時点で課金以外ではVIPレベルはあがりません。

ちなみにVIPレベルが最高の13になると・・・


VIP13


チートやけど羨ましい。

もし課金するならガチャの金卵エナジー機能がアンロックされるVIP3まで上げるのはありじゃないでしょうか。

43日目の戦姫獲得状況


戦姫獲得状況

☆6が4枚、☆5が13枚です。
☆6になるためには、☆5が6枚必要なので☆5は4×6+13の37枚あったということですね。

序盤に☆5ないない言っていたのが、1ヶ月以上経てばかなりの数が集まることがわかります。

☆6にするには(交換生の使いどころ)

☆6にするには、☆6にしたい☆5を2枚用意。指定の☆5を1枚。その他☆5を3枚用意しなければなりません。

一番難しいのが同じ☆5を2枚用意することでしょうか。
【入学⇒交換生】のシステムを使えば容易くできますが、かなりの量の素材(人事ファイル)が必要。

使いどころとしては、あとこの☆5があれば☆6になれる!
という時☆4から指定の☆5にするために、☆4をひたすら交換するのが実用的でしょうか。

やはり大事なのは

その☆5も進学させるには☆5にしたい☆4が4枚+指定の☆3が4枚+その他☆4が4枚が必要。

あわせて12枚必要。

決して難しくはないのですが、☆4は揃っているのに☆3が揃っていないということが時々あります。

原因は《戦姫の所持上限》。

枠の関係で転校させた☆3。持っておけば・・・ぐぬぬ。
という経験が数回ありました。

つまり序盤ダイヤは戦姫の所持上限の拡張に使ってなるべく☆3はキープが良いと私は思っております。

各ランキング

メインクエストランキング

まずはメインクエスト進行度ランキング。
現在は16-2まで進めています。

順位は107位。
前回紹介した25日目の際は180位だったのでだいぶ上昇しましたね。

しかし困ったことにメインクエストをこれ以上進めない状態なのです。

メインクエスト

一定のレベルまで上昇しないとこれ以上進めない仕組み。
敵さんを倒せる戦姫は揃っているだけにもどかしい。

ランキング上位が同じステージで仲良く止まっている原因はそのためですね。

アンケートがこの前あったので最後の自由欄に『このレベル上限いらなくね?』という要望を書いておきました。

最上階ランキング

階数が上がるにつれて敵さんのレベルがあがる『最上階』と言う名のイベント。

最上階ランキング

私は現在229階を挑戦中。

トップは382階。
50位で243階。

私の順位はわかりませんが、おそらくメインクエストランキングと同じ 100位前後ではないでしょうか。

メインクエストと最上階で立ち止まったら

敵が強すぎてこれ以上進めない。
という時はとにかくいろいろ試すこと。

相手が後列中心に攻めてくるなら、後列に1体HPの高い戦姫を置いて前列を守る。

敵の戦姫の後列4人がソーサラーなら対ソーサラーの魂器を全員に付け替えてみる。

などなど。
10数回負けてた最上階で、魂器変えただけであっさり勝利とかもありました。

あとは敵さんが誰かをチェックして図鑑で調べてみるのもいいでしょう。
このゲーム☆5と☆6でアイコンや外観がガラッと変わるので進学画面なども使って敵が誰なのかを把握。

敵さんのスキルなどもチェックして、
属性に強い攻撃をしてくるなら違う属性を出撃させたり、
真っ先に倒したい相手なら魂器を倒したい相手用のものを装備してみたりするのもいいでしょう。

敵さんのアイコンをタップしたら詳細画面出るようにしてほしいなぁ。

各特典の使い道

このゲームは無課金でも様々な特典を受け取れます。

・トップリーグのトップリーグショップ通貨
・遠足の遠足記念品ショプ通貨
・転校の戦姫購入用通貨
・サークルコイン
・販売機の交換券

これらを貯めて☆5を手に入れることも可能。

私はこれまで
戦姫購入用通貨で☆5と☆4を1枚(☆6素材用)
サークルコインで☆5を2枚(信長と☆6素材用)
を交換しました。

☆6にするために☆5があと1枚足りない!
という時に重宝しています。


サークルや各イベントの考察なども書いております。
ガールズ X バトル2 記事一覧のページへ





画像はCAROLGAMES LIMITEDより利用させて頂いております。
著作権は権利者様側へ帰属しておりますので画像の転載・流用はご遠慮下さい。
また、権利者様側からの画像等の削除の依頼や警告は速やかに対処いたします。

©GAME168 LIMITED


この記事が『面白かった』『ためになった』と言う方は是非ポチッをお願い致します。筆者が泣いて喜びます(笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket