【同盟について】ライズ・オブ・キングダム(Rise of Kingdoms)

スポンサーリンク

   2020/02/18

ライズ・オブ・キングダム -万国覚醒-(Rise of Kingdoms)は古代文明をテーマにした、リアルタイム・育成型戦略シミュレーションゲームです。

前回の【感想と攻略】ライズ・オブ・キングダムでは簡単にプレイした感想や疑問に思ったことを載せてみました。

今回は同盟について思ったことを述べていこうかと思います。

2つのサーバーでプレイしているのですが役職は幹部止まりで、同盟について全ては把握しておりません。

あくまでも私個人の意見ですので参考程度に捉えていただければ幸いです。

同盟加入の利点

同盟員からの建設・研究・治療支援

同盟に入ると同盟員から建設と研究、治療の支援を受けることができます。
支援と言っても実際には『時間短縮』です。

同盟に加入し同盟センターを建設していれば可能になり、レベルによって受けられる回数が変わります。

同盟センター

効果は1%進捗のようで、最低でも1分の進捗を受けられます。

最低1分は効果が薄そうに感じますが、序盤は1分でも内政の進捗がかなり捗りますので是非活発な同盟に加入したいところです。

ギフト

同盟員が課金アイテムを購入したり、特定のキャラクターを倒したときに配布されるボーナスのようなものです。

ギフト

ときにはVIPポイントを貰えたりしますので馬鹿にはできません。
画像では500VIPポイントがもらえてます。課金者さんに感謝です。

白の水晶秘宝はまだ開けたことがないのですが、いかにも凄そうな雰囲気を出していますね。
ここは開けてからのお楽しみ!としておきましょう。

知らない情報を得られる

大人数の同盟にいると様々な情報を教えてくれます。

前回冒頭でも話しましたが、このゲームは1年以上前に海外でリリースされているゲームです。

日本人の多くが未プレイでしょうが、1年以上前からプレイしている日本人も少なからずいらっしゃいます。
その方から聞ける情報は大変貴重なものです。

知らない者同士で『あーだこーだ』と情報を交換しながら進めるのも楽しいですけどね。

同盟加入の難点

団体行動

自分がリーダーでない限りは、その同盟の方針は基本的には決められません。

リーダーや幹部クラスの意向に沿って、同盟の方針が決まります。

『私はまったり内政やっていたいのに・・・』と思っていても、好戦的な同盟だったらそうはいきません。

自分のプレイスタイルを貫けないのが同盟を組む悪いところでしょうか。

好きなことができない

これも上記と被りますが、『ここ攻めたい』と思っていても同盟では『この同盟の人は攻めてはダメ!』と制限がかかるときがあります。

また、半強制的に『こっちに移転してこい』なんてこともあり、ゆっくりプレイできたものではありません。

ある程度同盟の恩恵を受けたら理由をつけて出て行ってソロプレイを楽しむ。なんてことも楽しみたいならありでしょう。

同盟運営の注意点

5本目の旗と同盟資源

たぶん始めた人の大半は知らないと陥る罠。

領地を広げる際に建てる旗は4本までは同盟ポイントを消費するだけですが、5本目からは食料2.5万、木材2.5万が必要になります。

旗建設

なんだよ。それくらいの資源持ってるよ。
・・・事はそんな簡単ではありません。

旗を建てる際の消費資源は『同盟倉庫』から消費されます。

同盟倉庫の資源は基本的に『同盟領土内にある同盟資源ポイント』からでしか収穫できません。
マップ上に落ちてある同盟農場や同盟伐採場がそうです。

中央要塞を建て、旗を4本適当に建てた後、その同盟領土内に同盟農場などの同盟資源ポイントが入っていないと同盟資源が手に入らない状態になります。

では旗を4本建てて同盟資源ポイントを取っていないと詰みなのか?


地道な作業にはなりますが、同盟領土内に落ちてある農場や伐採所で同盟員が採集した量の1%が同盟倉庫に反映されるようになっています。

意外にも皆で協力すれば早く溜まりますので、これで旗を建て資源ポイントを取りに行けば良いでしょう。


※旗を潰して再度資源ポイントへ向けて建て直す方法もあるでしょうが、経験しておりませんので何とも言えません。

領土の広げ方

上記を踏まえて、領土の広げ方としては

①同盟農場と同盟伐採場を要塞と旗4本で各1ヶ所は抑える。
②聖所に向けて伸ばしていく。
③関所と聖壇に向けて伸ばしていく。

海外プレイヤーの同盟を見てみるとこんな感じでしょうか。

外交は多国籍

メインチャットを見ると英語、韓国語、中国語が目立ちます。

私の所属している同盟(2サーバーで30位台と1桁順位の同盟に所属)では海外の方から同盟のお話や、様子を伺うメールが来ているみたいです。

翻訳機能があるので多少のニュアンスくらいは感じることができます。

日本語で返すのではなく最低限、挨拶くらいは英語で返し交渉してみましょう。

同盟ポイントについて

同盟ポイントは要塞・旗の建設、同盟資源ポイントの建設、同盟技術の開発、同盟ショップの補充などに使われます。

序盤では要塞や旗の建設に使うことになるので、ショップの補充には使わないほうが良いかと思います。

ポイントの獲得方法は同盟支援、同盟技術貢献、同盟建物の建築・修復。

同盟支援と同盟技術貢献は同盟員が多いほど貯まりやすいので、必然人数の多い同盟が要塞、旗を素早く建設し領土を広げることができます。

領土内移転と指定移転

同盟に入ったはいいものの、リーダーがいる場所はほど遠い所にいる。

近くに移転しようと思って、
・領土内移転を使って移動しようとしたが、領土がなく移転できない。
・指定移転を使おうにも関所を通れず移転ができない。

最序盤のあるある2点です。

同盟は中央要塞が完成して初めて同盟領土ができ、旗で領土を広げていきます。
その領土に移転スペースがあれば領土内移転が使用可能。

指定移転では関所(同盟が占領していない限り)を超えられないため、遠くの人は領土内移転に頼るしかありません。

なるべく領土は遠くから来る人のためにスペースを取ってあげましょう。
(例:領土内にある資源を吸い取る、領土内にある城を領土外に指定移転など)

領土内にスペースがない場合でも、関所を超えて移転する方法はこちら
【知っ得!攻略情報】ライズ・オブ・キングダム(Rise of Kingdoms)


他にも『ライズ・オブ・キングダム』の攻略など書いております。
是非ご覧になってくださいね。
ライズ・オブ・キングダム(Rise of Kingdoms) 記事まとめ






この記事が『面白かった』『ためになった』と言う方は是非ポチッをお願い致します。筆者が泣いて喜びます(笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket