はいふりの聖地へ行く!【諏訪大神社 編】

スポンサーリンク

 

前回は、はいふりの聖地である「さかくら総本家」に伺いました
はいふりのパネル展示を見ようと思いましたが、まさかの平日は開場していない罠にはまりあえなく撃沈。

ため息まじりに次の目的地、「諏訪大神社」へと向かうのでした。

諏訪大神社

横須賀中央駅から諏訪大神社への経路はこんな感じです。
横須賀中央駅から諏訪大神社への経路

さかくら総本家から見える横須賀中央駅の階段を上り、反対側の道路に出てまっすぐ進み、大滝町交差点を左に曲がります。

するとネットで調べた光景が見えてきます。(地図上 写真1より撮影)
諏訪大神社 入り口

大きいですし、通り沿いなのですぐにわかります。
違う角度から。
別アングルから

ここを潜るとちょっと坂になっています。しかしたいした距離ではありません。
すぐに鳥居が見える階段が見えてきます。
諏訪大神社 鳥居

鳥居をくぐりその先の階段から後ろを振り向いて撮影すると、はいふりアングルが撮れます!アニメ2話で見ることができます。
はいふりアングル

階段上から鳥居を撮影。
階段上からの景色

こちらが手水舎
手水舎

そして本殿です。
諏訪大神社 本殿

ここで諏訪大神社についてちょっとお勉強。

諏訪大神社について

所在地:横須賀市緑が丘34番地、
御神祭:健御名方命(たけみなかたのみこと)
    事代主命(ことしろぬしのみこと)
創立:康暦二年(1380年)

御由緒:康暦二年(1380年)足利義満の頃、三浦貞宗が横須賀の鎮守として、長峯城の城口当る当地古谷山に、信州の上下両諏訪明神を勧請した。
    以降崇敬者が絶えず、幾度の昇格を経て昭和17年(1942年)県社昇格の内許をうけた。
    戦後宗教法人のもとで、当時昭和22年(1947年)に氏子会が発足し、民主的に神社を氏子の手によって維持し今日に至っている。
    (出典:神奈川県神社庁より)

中々に歴史のある神社なのですね。
さきほどの階段部分だけでなく、本殿もはいふり2話にでてきます。
本殿

そして脇には諏訪公園に通じる階段があり、ちょっと上ると・・・
諏訪公園へ

これまた、はいふりに出てくるアングルを撮影することができます。
はいふりアングル

さらに上ると諏訪公園にいけますが、疲れてるのでここで終了。
次の目的地、艦これの聖地であるヴェルニー公園へと向かいます。

この記事が『面白かった』『ためになった』と言う方は是非ポチッをお願い致します。筆者が泣いて喜びます(笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket