【無課金でヴァルゴ杯2 グレード挑戦】ウマ娘 プリティーダービー

スポンサーリンク

   2022/09/20

第17回チャンピオンズミーティング『ヴァルゴ杯』。
9月15日からラウンド1が始まります。

ヴァルゴ杯2

チャンピオンズミーティングはグレードリーグのAグループ決勝を3連勝中。
絶好調ですが、いろいろあった今月はさすがにやばいかも・・・。


私個人の意見も含まれておりますので、参考程度に見て頂けたら幸いです。

ヴァルゴ杯

ルールと変更点

細かいルールに関してはこちらに書いております。
【無課金11週目の日記】チャンピオンズミーティングのヘルプまとめ


■タウラス杯(第1回)からの変更点
・ラウンド2が、1勝以上すればA・Bグループいずれかの決勝に進めるようになりました。

■ジェミニ杯(第2回)からの変更点
・決勝ラウンドは必ず『絶好調』になりました。
・月刊トゥインクル増刊号がレースの結果画面でも見られるようになりました。

■キャンサー杯(第3回)からの変更点
・月刊トゥインクル増刊号の1面からトレーナー情報が確認できるようになりました。

■レオ杯(第4回)からの変更点
・ラウンド1、ラウンド2のマニーとサポートptの獲得量を増やしました。
・決勝ラウンドのジュエルの獲得量を増やしました。
  ⇒グレードA決勝1位のジュエルが1,500⇒2,500に。3位でも900から1,200に。
・チャンピオンズミーティングTOPに「出走ウマ娘履歴」を追加。
・出走登録するウマ娘を選択する際に「ウマ娘詳細」でチャンピオンズミーティングにおける累積戦績を確認できるようになりました。
・パドック、およびレース結果画面で、マッチング相手にスタンプを送れるようになりました。

■ヴァルゴ杯~アクエリアス杯(第5回~10回)
・変更点なし

■アクエリアス杯(第10回)からの変更点
・レースで勝利した場合、レース結果画面にて「月刊トゥインクル 号外」を見られるようになりました。

■ビスケス杯~(第11回~)
・変更点なし

■アリエス杯(第12回)からの変更点
・オープンリーグに出走登録できる殿堂入りウマ娘の育成ランク条件を変更
 育成ランク[B]まで⇒育成ランク[A+]まで

・報酬の獲得量および獲得条件の変更
 全ラウンド共通で、マニーとサポートPtの獲得量を増量。
 決勝ラウンドで「ゴールド」以下の称号を獲得しやすくなるよう変更。
  ⇒「プラチナ」を獲得できる順位に変更はなし。

・すでに所持しているイベント限定称号を再度獲得した場合、所持している称号に★が追加されるようになりました。
  ⇒当初は★ではなく『2回目』がつく予定でしたが、あまりにも不評で★になりました。
   サイゲさん、このあたり適当ですよね。

■第2回タウラス杯(第13回)からの変更点
・毎月下旬ごろ⇒毎月中旬ごろに開催時期が変更

■第2回ジェミニ杯~(第14回~)からの変更点
・変更点なし

過去のチャンピオンズミーティングの成績

1周目:プラチナ2、ゴールド4、シルバー6
2周目:プラチナ3、ゴールド1

タウラス杯2:グレードリーグ Aグループ2位(称号:ゴールド)
 ⇒【無課金で2周目タウラス杯グレード挑戦】のページへ

ジェミニ杯2:グレードリーグ Aグループ1位(称号:プラチナ)
 ⇒【無課金で2周目ジェミニ杯グレード挑戦】のページへ

キャンサー杯2:グレードリーグ Aグループ1位(称号:プラチナ)
 ⇒【無課金でキャンサー杯2 グレード挑戦】のページへ

レオ杯2:グレードリーグ Aグループ1位(称号:プラチナ)
 ⇒【無課金でレオ杯2 グレード挑戦】のページへ

自分のレベルは

・純正無課金!
・昔は1日3育成。多い日は5育成でしたが、最近は1日平均2育成に

・育成シナリオ『グランドライブ』でUGを簡単に出せるように

・青因子9はたくさん所持

・SSRサポートカードの完凸はキタサン・ライトハロー・配布系・ショップ系のみ

・たづなさん、クリークさんは所持すらしていません

・チャンミはトータルでプラチナ5回、ゴールド5回、シルバー6回

このような感じです。

ヴァルゴ杯の概要

今回の舞台は『帝王賞(東京大賞典)』 大井 ダート 2000m(中距離) 右 秋 晴 稍重

予想は菊花賞か帝王賞でしたが、ダートになりました。

今回のチャンピオンズミーティングは、グランドライブの育成シナリオが実装されたすぐということもあり、どうなるのか予想もつきません。

しかも9月始めに限界突破の調整が入る始末。
皆が同じ条件とはいえ、じっくり育成をできない人も多かったはずです。

デバフ環境

現在のルームマッチではデバフが流行っています。

『まぁルームマッチでデバフ連れてくる人はいつもいるし、本番になったらそんなにいないでしょ。』
というのが、いつものチャンピオンズミーティングでした。

しかし今回ばかりはそうならない可能性があります。
理由を簡単に箇条書きにしていくと、

・グランドライブ育成によるスピード限界突破型のウマ娘が多い
  ⇒スタミナの消費が激しくなる?

・スタミナはいつもの中距離チャンミくらいに盛る人が多い
  ⇒実際情報を掴んでいない人は700~800くらい?

・大井コースに下り坂がなく、賢さによるスタミナ消費軽減効果がない
  ⇒坂があるコースでは下り坂判定を受けるとスタミナを抑えられる

以上からスタミナを軽視している人には、デバフを盛り盛りにすることによりゴール前で相手の失速を狙えます。

相手のウマ娘に2人ずつデバフ要因(金スキル2つ[魅惑のささやき・八方にらみ]×2)がいる場合の必要スタミナ量は、
【900+金スキル2つ】
くらいではないかと言われています。

ただ、ここまでスタミナを用意して相手にデバフがいなかった場合、相手よりスピードやパワーなどのステータスや加速・速度スキルが劣っている可能性がでてきます。

こちらもデバフを用意するのか、スタミナを盛るのか、気にせずいつも通り出すのか。
三つ巴の面白いチャンピオンズミーティングとなっています。

私の用意するウマ娘

さて、私が用意するウマ娘ですが、ダートを走れるウマ娘となると指で数えられるくらいしか所持していません。

まず
・オグリキャップ(やむなくクリオグリ)
・アグネスデジタル
は確定。

あと1人を
・メジロマックイーン
・ダート魔改造メジロライアン
で迷っています。

私、前回のチャンミ見てもわかる通り差しが好きなんですよね~。
となるとオグリもクリオグリでなく、通常オグリが好きだし、マックよりもライアンを出したい。

しかしデバフ環境やダート適正を考えるとクリオグリとマックという選択肢になってしまいます。

ちなみに12日の夜時点で使えそうなのはまだマックしかできていません。

ヴァルゴ杯2

スキルは見えない下段に前列狙い、決死の覚悟、アンストッパブル、キミと勝ちたいを積んでいます。
これでも正直スタミナは心配ですが、ラウンド1くらいは通用してほしいですね。


ラウンド1当日まで育成を頑張りましたが、できたのは

ヴァルゴ杯2

まずは差しクリスマスオグリキャップ。
先行じゃありません。

先行クリオグリの環境になってる現状、同じくらいのステータスやスキルで勝ちを祈るにはあまりにも運勝負すぎる。
ということで運に任せるなら差しでしょ。

オグリには差しの命でもある『アナボ・彼方』を搭載し、すごく族の汝も継承。
さらにノンスト、乗り換え上手を積んで運任せの超爆発型に(見えない下の部分に踏み込み上手、キミと勝ちたいも取っています)。

差しにすると固有を発動するための回復スキル3つが難しくなりますが、保険で終盤に発動するものも入れておきました。

ヴァルゴ杯2

そしてSSのアグネスデジタル。
SSですがUGに負けないポテンシャルはあります。

こちらも『アナボ・彼方』を搭載。
見えない部分に狙うは最前列、盛り返しのスキルも取っています。

なにより注目はグランドライブ育成では珍しい根性育成。
スピード盛り盛りも魅力ですが、ここ1発の勝負ではやはり根性型1人はいたほうがいいと感じ作りました。

差しクリオグリ、差しデジタルに先に紹介した先行マックで勝負します!

グレードリーグ ラウンド1

9月15日からラウンド1がスタート。

私もお昼12時からスタート。
紹介したウマ娘で挑みます。

ヴァルゴ杯2

何気に3人とも中距離S!
エースはもちろん推しのマックです。

まず初戦の対戦相手は、

ヴァルゴ杯2

UGとデバフが見えますね。。。
まぁ本番の環境でデバフに耐えられるのかどうか見れるのはよき。

果たして結果は・・・

ヴァルゴ杯2

オッケー。問題なし!
今回も初戦勝利で一安心できました。


ラウンド1初日の結果は20戦14勝。

先行メジロマックイーン・・・20戦3勝
差しオグリキャップ・・・20戦6勝
差しアグネスデジタル・・・20戦5勝

オグリが一番勝ちましたね。
次いでデジタル、マックとなりました。

ただ着外が一番少ないのはマックです。

安定感のマックイーン、爆発のオグリ・デジタルでバランスはよさそうです。

負けた6戦はクリオグリに4敗、逃げファルコに1敗、イナリに差されて1敗。
抜かされることは少ないが、追いつけない展開で負けることのほうが多い。

つまりは強い逃げと先行クリオグリには弱いってことですね。
今はいいけどラウンド2と決勝はやばそうです。

差しデジタルをもうちょっと強くしたいですね。
育成頑張ります。


ラウンド1の2日目も結局同じ面子で20戦を消化。

ラウンド1の最終結果は
40戦28勝

先行メジロマックイーン・・・40戦8勝
差しオグリキャップ・・・40戦14勝
差しアグネスデジタル・・・40戦6勝

2日目はデジタルよりもマックが活躍。
マックのスタミナが一番低いのですが、デバフのウマ娘がいない試合では勝ち負けになっています。

オグリはこのままで、デジタル⇒マックと鍛え直したいですね。


なんとかラウンド2前にデジタルの育成を終了。

ヴァルゴ杯2

絶好調でスタミナ901になる、コース補正デジタルです。
スタミナはクリークは持っていないので、配布のSSRビワハヤヒデやSSRゼンノロブロイなど考えましたが、最終的に採用したのがこちら。

ヴァルゴ杯2

SRゼンノロブロイです!
ノンストの下位スキルである垂れウマをスキルに持ち、得意率も高い。
連続イベントの1段階目で下を選ぶと打ち切り+回復も魅力。

なかなかいい感じに仕上がったのではないでしょうか。
次はマックを鍛え直します。

グレードリーグ Aグループ ラウンド2

9月17日からラウンド2がスタート。

前述の通り、アグネスデジタルを作り直しましたが、元のデジタルのほうがなんとなく勝ちそうなのでそのままの面子でラウンド2へ。

サクッと3勝して決めたいが・・・

ヴァルゴ杯2

サクッ決まったA決勝!

クリオグリ2勝にデジタル1勝。
見事に差しの2人が決めてくれました。

マックはやはりスタミナ不足か立つ場面があります。
根本から鍛え直しですね。


その後は白マックとクリオグリの育成をしていましたが、現状変えてまで使いたいものはできず。


結局同じ面子で消化したラウンド2、40戦の結果は、
先行メジロマックイーン・・・40戦2勝
差しオグリキャップ・・・40戦6勝
差しアグネスデジタル・・・40戦7勝

40戦15勝と勝率5割もいかない感じでした。
やはりデバフが一気に増えた印象。

それでもスタミナデバフやスピードデバフが混じっている感じだと勝負になる。
デバフ3~4が一番キツイですね。

さて、決勝まで少し時間あるので諦めずに育成に励みます。

グレードリーグ Aグループ 決勝ラウンド

9月20日正午から決勝ラウンドがスタート。

ラウンド2後の育成で、切れ者がついたり結構いい感じのもできたのですが、現状のほうが走りのイメージがついていたのでこのままにしました。

ただ、デジタルだけは決勝用に作ったスタミナ867に切り替えます。
スタミナデバフが3人以上いたら、クリオグリしか生き残りませんが、私はスピード重視で。

果たしてこれが吉と出るか凶とでるか・・・。
さて、決勝です。


対戦相手に、なんとクリオグリはいない!
UG3の先行リッキーくらいが気になる存在。

もう一方に関してはSSクラスばかり。
そしてデバフもほぼなし!!

これは4連覇がグッと近づきましたね。

さっそく勝負を見てみましょう!
頑張れみんな!




ヴァルゴ杯2




負けました!

く~~~。
デジタルとの競り合いで僅かにクビ差負け。

敗因はデジタルの道中が5着で彼方は出たけどアナボリック不発。
相手のデジタルがその時6着だったのでおそらくアナボリック出て抜かされた。

最終コーナー以降はずっと半バ身差で競り合っており、最後の最後に同時にスピードアップスキルを吐いたが、相手がさらにもう1個出して決着。

力負けでしたね。
SSとは言え、やはりスキルがしっかりしていれば強いものは強い。

実際私のSS+のデジタルも予選勝ってたしね。

たらればですが、SS+の根性型デジタルをそのまま出していれば勝ててたかなと感じます。
断言はできませんが、そんな気がする。


とにかく勝った人にあっぱれ。
2位だった私もお疲れ様。
3位の人は頑張れ!

チャンミは3連覇で止まりましたが、悔しいので来月は絶対に勝つと心に誓い、ちょっとギアを上げて育成しようかなと思っております。





他にも攻略や日記など書いております。
ウマ娘 プリティーダービー 記事まとめ のページへ