年始に青春18きっぷを使って大阪から東京へ行けるのか?

スポンサーリンク

   2016/01/24

2015年の年末。帰省ラッシュのピークである28日に「どれ、試してやろう」と思って挑戦したこの企画。
年末に青春18きっぷを使って東京から大阪へ行けるのか?

始発に出たこともあり大きな混雑に遭遇することはなく、一度も立たずに移動することができました。強いて言えば最初の乗換駅である沼津くらいでしょうか。沼津で一本見送ったことが良かったようです。

そして2016年の1月。今度は大阪から東京へ青春18きっぷを使って帰ります。もしかしたら来年に役立つかもと思い記事を起こします。(記事にするつもりがなかったので写真がありません)

神戸・六甲道~米原

六甲道駅

地元である六甲道を出たのは10時35分。往路の始発と比べ、今回はゆっくりしたスタートにしてみました。
まずは米原行きの新快速に乗るため芦屋で乗り換えます。
大阪までは乗車率130%~140%と言った感じでしょうか。しかし大阪でドッと人が降りてくれるので余裕で座席ゲットです。
米原に着くまで、どちらかと言うと人が減っていく印象です。

米原~大垣

米原には12時23分に着。12時30分発の大垣行きは既に到着している。ホームが違うため少々速足で駆け上がるも、どうしてもトイレに行きたくて座席確保レースから離脱。
まぁ30分くらいなら立ってもいいかとのんびりホームへ向かうとなんと座席が空いている!?立っているお客様もチラホラ。よく見ると2人座席の手前に人が座っていたため、奥の座席には「すんませんすんません」と言いながら座らないといけないシチュエーション。みな恥ずかしがりやさん?
私は遠慮することなく片手を前に出し「すんません」で押し通した。まだまだ先は長い。少しでも体を休めておかないとね。

大垣~豊橋

米原発大垣行きは4両。対して大垣発豊橋行きは車両・本数とも増えるため、ここは走らなくても十分座席は取れます。変わったことと言えば、正月だけは普通列車しか止まらない熱田駅にも快速系が止まる。熱田神宮が近くにあるためらしい。

豊橋~静岡

豊橋には14時38分着。すでに4時間が経過。なんだろう往路に比べてすでに疲れが溜まってる感あり。往路はワクワク感があったりしたのでよかったが、復路は飽きたのかちょっと辛い。
14時42分発の静岡行きは違うホームのため、かなり駆け足で移動。残り5~6座席の所をなんとか座席キープ。ロングシートのため大っぴらに寝ることはできない。そして魔の静岡区間・・・これは辛い・・・

そして往路では比較的大丈夫だったケツにも異変が。明らかにジンワリと痛い。やっと半分来たかどうかの行程なのに。なんとかゲームで気を紛らわしながら頑張っていたが同じ体勢でいることが限界に達し急遽「艦これ聖地巡り」の一つに予定していた「大井神社」参拝と軽食を取るため16時13分に島田駅にて下車。

島田~熱海

大井神社を速足で見物し、急いで何か食べようとお店を探すも・・・
島田駅・・・いくら正月三が日とはいえ食べる所が何もないとは・・・北口降りた左手側のカレーショップは空いてたかな? もっとこう松屋とか吉野家とかサッと食べられる所を探したのですが、開いているのは居酒屋ばかり。
諦めて再び東京へ向かうことにしました。時刻を調べると残り2分で熱海行きが発車するみたいだったので急いでホームへ行き乗車しました。先頭車両だったのですが、これまた数席空いていたので座れました。

熱海~大船

熱海に着いたのが18時43分。まだ静岡(泣 静岡辛いとは聞いていたがこれはほんと辛いわ。
ただ18時50分発の東海道線に乗ればやっとこさ首都圏まで帰れます。少し気持ちも楽になりました。結構人がいます。油断していると座れないかもしれません。
疲れていたため、船橋まで確実に座って帰りたいので横須賀・総武快速直結が出ている大船で乗り換えることに。
その大船に着くのも20時ちょうどなのですが・・・

大船~船橋

大船で少し休憩を取り20時24分発の上総一ノ宮行に乗車。さすがにガラガラです。ここまで来ると知っている駅名ばかりなので心の底から安堵することができました。

そして21時35分無事に船橋着。歩くのは大丈夫。座る体勢がきついのだ。

青春18きっぷを使って東京~大阪を往復するメリット

・往路は楽しい。
・年末年始でも思ったより座れた。(一本くらい見逃す余裕を持てば)
・費用を格段に抑えることができる。
・途中の駅で降車して地方巡りができる。
・往路の品川駅での「鉄道唱歌」に思わず口ずさむ。

青春18きっぷを使って東京~大阪を往復するデメリット

・復路が地獄。(往路のルンルン気分がないため)
・約半日かかるため時間がもったいない。(地方巡りとかしないのなら)
・思ったよりブログにする画像が撮れない。
・ずっと静岡
・やっぱり静岡
・起きても静岡
・トンネルを抜けるとそこは・・・静岡だった

今後私が同じ企画をするのであれば、行きは18きっぷ、帰りは新幹線。こういう組み合わせにします。
ほんと鉄道唱歌の「人に翼の汽車の恩」を感じた旅でございました。あと静岡(笑

この記事が『面白かった』『ためになった』と言う方は是非ポチッをお願い致します。筆者が泣いて喜びます(笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket