艦これの聖地へ行く!【足柄神社・走水神社など神奈川ルート 解説編】

スポンサーリンク

 

前回は練習巡洋艦「香取」「鹿島」、重巡洋艦「利根」の聖地である鹿島神宮・香取神宮・利根川へ行きました。
艦これの聖地へ行く!【鹿島神宮・香取神宮・利根川 準備編】

艦これ目当てのはずが、神宮の格式と自然の雄大さに思わず「艦これ」のことは忘れて見入ってしまいました。たまにはこういった一人旅もいいもんだなーと再認識させてくれた旅でもありました。

さて、次はどこに行きますか

翌年1月10日まで使える青春18きっぷがあと4回残っており、このうち3回は帰省で使う予定なので、あと1回どこに行こうかと迷い昨晩考えてみました。もちろん艦これ聖地巡礼というカテゴリーで。

埼玉・東京ルート(船橋→西船橋→南浦和→大宮【氷川神社】→南浦和→府中本町【大國魂神社】→西国分寺→新宿→原宿【明治神宮・東郷神社】→新宿→船橋

神奈川ルート(船橋→戸塚→小田原→大雄山【足柄神社】→小田原→大船→衣笠【光心寺・衣笠山公園】→横須賀【ヴェルニー公園・ショッパーズプラザ横須賀・記念艦みかさ・走水神社・浦賀船渠】→横浜→桜木町【横浜ランドマークタワー】→横浜→船橋

青春18きっぷ使うなら神奈川ルートのがお得で面白そう!!
それだけの理由で神奈川ルートに決めました。埼玉・東京ルートはいつでもいけそうやし。

しかしスケジュール組んでみたらかなり大変そうだな~(汗
ということで各神社や地域についてお勉強しておきましょう。(画像は現地に行ってから順次入れて行こうかと)

足柄神社

・住所:神奈川県南足柄市苅野274
・最寄駅は伊豆箱根鉄道大雄山線「大雄山駅」(徒歩35分くらい)

・御祭神は天照皇大御神・日本武尊など
・明治6年に郷社と定められ、明治40年に神饌幣帛料供進の神社に指定、宗教法人令制定後、宗教法人「足柄神社」として発足
・伝説としては、日本武尊御東征の砌、足柄村にしばし御滞在なされ仮宮安在所を設けた
・大洪水に見舞はれし時、幕府及び小田原藩が地元民と協力、気持を直結し明神に再三祈請して難に打勝つ事が出来た
・近くにある富士写真フィルム会社(現富士フイルム)にも分霊奉斎
・この地方一円からの根強い信仰と崇敬の的
・社殿の前面左に一本の椎があり、優に千円を超える樹齢
【妙高型重巡洋艦三番艦「足柄」の艦内神社】
(参照:神奈川県神社庁ホームページ)

衣笠山公園

・住所:神奈川県横須賀市小矢部4-922
・最寄駅はJR東日本横須賀線「衣笠」駅(徒歩約15分)

・三浦氏の本拠地だった本来の衣笠山衣笠城址に隣接
・1907年(明治40年)に日露戦争の戦死者を慰霊するために開設
・桜が有名で、日本さくら名所100選のひとつ
【青葉型重巡洋艦二番艦「衣笠」の名前の由来】
(参照:Wikipedia)

走水神社

・住所:神奈川県横須賀市走水2-12-5
・最寄駅はバス停の「走水神社」(徒歩2分) 鉄道の駅から歩こうものなら・・・

・御祭神は日本武尊と弟橘媛命
・言い伝えでは日本武尊が東征の途上に当地から浦賀水道を渡る際、自分の冠を村人に与え、村人がこの冠を石櫃へ納め土中に埋めて社を建てたのが始まり
【青葉型重巡洋艦二番艦「衣笠」の艦内神社】
(参照:Wikipedia)

横須賀海軍工廠

・住所:神奈川県横須賀市本町2丁目1番12号(現在はショッパーズプラザ横須賀)
・最寄駅:京急本線「汐入駅」(徒歩約3分)

・1866年、江戸幕府が横須賀製鉄所を建設
・1884年(明治17年)に横須賀鎮守府が設置されるとその直轄造船所となり、1903年(明治36年)の組織改編で横須賀海軍工廠が誕生
・終戦後は米軍が接収し、横須賀海軍施設(通称横須賀基地)となる。主に艦艇の修理等で利用。米第7艦隊所属艦の事実上の母港として機能

【艦これに関わる艦船:山城・陸奥・比叡・妙高・高雄・鈴谷・天龍・能代・飛龍・翔鶴・瑞鳳などなど】

浦賀船渠

・住所:神奈川県横須賀市浦賀4-7
・最寄駅:京浜急行「浦賀駅」(徒歩約10分)

・江戸幕府は「大船建造の禁」を解いて1853年に浦賀造船所を設置、直ちに軍艦の建造を始め、7か月を掛けて国産初の洋式軍艦「鳳凰丸」を建造
・駆逐艦建造の名門であり、「西の藤永田、東の浦賀」と呼ばれていた(軽巡洋艦 2隻、駆逐艦 44隻、海防艦 11隻+2隻未完)

【艦これに関わる艦船:五十鈴・阿武隈・弥生・深雪・潮・雷・子日・初霜・時雨・五月雨などなど】

横浜船渠

・住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目
・最寄駅はJR京浜東北線「桜木町駅」(徒歩約7分)

・1号ドックと周辺が日本丸メモリアルパークとして整備され、日本丸を浮体展示
・2号ドックが快走されドックヤードガーデンとしてオープン
・両ドックともに国の重要文化財
【艦これに関わる艦船:那珂・香取・鹿島・龍驤・白雪】

ヴェルニー公園・ヴェルニー記念館

住所:神奈川県横須賀市汐入町1-1
最寄駅:JR東日本横須賀線「横須賀駅」(徒歩約1分)

・日本の近代化を支援したフランス人技術者レオンス・ヴェルニーに由来
・旧日本海軍関係の慰霊碑(沖島、長門、山城の碑、國威顕彰碑、海軍の碑)がある
・記念館には旧横須賀製鉄所で使用されていた3トンと0.5トンの鍛造・圧延用蒸気ハンマーが展示

この周辺は、ヤマトタケル(日本武尊)に関わる伝説がある神社が多いようですね。(たまたま足柄神社や走水神社がそうなのかもしれないが・・・)
ヤマトタケルの時代は西暦でいうと100年前後くらいでしょうか。今から1900年前の出来事なんて想像もできないでしょうが、現地に行って感じてみたいと思います。

以上今回はこれだけの名所を1日で周りたいと思います。始発に乗って帰宅は20時頃を予定しております。

この記事が『面白かった』『ためになった』と言う方は是非ポチッをお願い致します。筆者が泣いて喜びます(笑
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket